トップムービーtopmovie

おすすめ映画情報や今やっている映画や映画レビューなど映画の情報を掲載しています

『クーリエ 最高機密の運び屋』映画レビュー 勇気と信念のハーモニーが格別

家族の平和と幸せ、安定のためのお金、さらにちょっとした気晴らし。それだけを望んでいた男に、秘密任務が与えられる。彼を釣るエサは、「4分間の猶予」だ。 「4分間の猶予」とは、核弾頭が到達する前の4分前の警報のこと。彼が何も […]

オライカート昌子 映画レビュー/評論 その2

以前の映画レビュー/評論 プロフィール ・『ただ悪より救いたまえ』を楽しむポイントとは 作品解説と映画レビュー 韓国トップ俳優の激突に注目 ・『グロリア 永遠の青春』解説とあらすじ 映画レビュー  ・『天才ヴァイオリニス […]

『沈黙のレジスタンス~ユダヤ孤児を救った芸術家~』音と動きのスリルに注目

ナチスに抵抗したフランスレジスタンスと、近代パントマイムの第一人者、マルセル・マルソー。この組み合わせは、異質な気がする。だが、事実はフィクションの上をいき、知られざる世界へと扉を開く。 『沈黙のレジスタンス~ユダヤ孤児 […]

『アナザーラウンド』適度さと羽目外しのスウィングが心地よい祝宴映画

「身体中に力と勇気がみなぎる。自信とやる気と上向きの人生」。それが、簡単に手に入る。必要なのは、多少の自制心だけ。 人生が下降気味で倦怠感の雲に覆われていたら、この秘訣に身を乗り出すだろう。『アナザーラウンド』の場合は、 […]

『白頭山(ペクトゥサン)大噴火』超豪華パニックだけでないバディもの感動作だ

大規模ディザスター・パニック作品は、映画の華の一つ。『新感染 ファイナル・エクスプレス』シリーズで、ゾンビ映画のスケールを拡大して感動超大作にしてしまった韓国映画から、新たな超娯楽作が誕生した。 『白頭山(ペクトゥサン) […]

『スペース・プレイヤーズ』面白レビュー

ワーナー・ブラザースの自虐映画である。 一昨年前、映画『リチャード・ジュエル』ご紹介時、 「ワーナー・ブラザースが、映画製作の意思決定でAIを導入するらしい」と、 お話したよね。 膨大な過去のデータから、どの映画企画を採 […]

『大地と白い雲』ワン・ルイ監督インタビュー

長年映画を見続けていると、 どーしても映画のラストシーンを忘れてしまうものだ。 往年の名作『カサブランカ』(1942)や『第三の男』(1949)のラストシーンは 鮮明に覚えているが、3日前に見た映画のラストシーンが思い出 […]