「ドラゴン・フライ」は、トンボ。

「シー・ドラゴン」は、タツノオトシゴ。

「ジェリー・フィッシュ」は、クラゲ。

映画の原題を調べてみると、ちょっぴり博学になる。

で、『さよなら、退屈なレオニー』の原題にある「ファイヤー・フライ」とは?

ホタル。

でもね、映画『さよなら、退屈なレオニー』は、こんなお気軽な導入で語ると平手打ちされるほどの問題作だった。。。

カナダのとある港町に住むレオニーは、(ホタルも消えて)、「町はゾンビのように死に体だ」と嘆く17歳の女子高生。

母親は再婚、何事も長続きはせず、退屈な日々を過ごしていた。

一見過ごしやすい田舎町のようだが、父親はひとり北の地で暮している。

父親っ子なレオニーは、「話し相手もいない」ともがく。

なぜ、父親は家を出たのか。

(なぜ、ホタルはいなくなったのか。。。)

さよなら退屈なレオニーの画像堅実で質素な父親に比べ、新しい父親はラジオ番組を持つ人気DJ。

町中にそんな義父ポールの広告が溢れ、学校ではみんながバカ騒ぎ。

口論が絶えない家庭でレオニーは押しつぶされそうだ。

義父の口利きで決まった野球場のアルバイトも退屈極まりない。

町を逃げ出しそうになった時、安食堂でギター弾きに出会うレオニー。

でも、ギター弾きのスティーヴは母親と同居の30歳代のひきこもりじゃないか。

そこから映画はゆっくりと「謎解き」をしていく。

さよなら退屈なレオニーの画像「けっして青春映画ではありません。

『愛』についての映画です。

『無知』についての映画かもしれないし、

ある意味『政治』的な映画でもある!」

と監督は言う。

(なぜ、ホタルはいなくなったのか。。。)

監督は続けて、

「私はちょっとした『世界の終わり』が好きです。

不在の人、不在そのものが好きなのです」

不在の人とは、レオニーの父親のことだろうか。

やがて、離婚の原因がぼんやりと見えてくる。

北の果てに移り住むことになった父親のワケも浮かんでくる。

そして、ホタルが消えた理由もジワリと胸に迫ってくる。

(なぜ、ホタルはいなくなったのか。。。)

監督いわく、

「昔の映画館で、、、イタリア人にとって『ホタル』とは、小さな灯りを持って客を席に案内する若い女性のことでした」

そしてこんな興味深いコトも綴っている。

「夜に光る小さな光(微光)は、プロジェクターや、娯楽施設の強すぎるネオンやスピーカーの大音量で見えなくなったのです。

微光をよく見るために照らすことはできません。

光の下で、微光は消えるのです。

光はある物を出現させたり、消滅させたりします。

この映画のタイトルは、物語を理解するための道筋となります。

けっして強制はしませんが。。。。」

やがて、レオニーはギター弾きとの交流で町に根を下ろしていく。

そして、父親の告白で熱い涙を流すこととなる。

(なぜ、ホタルはいなくなったのか。。。)

物語の端々に、私には幻影が見えた。

それは、「原発」。原子力発電所だった。

それぞれ登場人物が、ソレとどう向き合ってきたのか。

やがて、ラストシーンに震えることとなる。

そこには息を飲むシーンが待ち構えている。

(武茂孝志)

『さよなら、退屈なレオニー』
原題「The Fireflies Are Gone」

第31回東京国際映画祭上映時タイトル「蛍はいなくなった」

6月15日(土) 新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー

監督:セバスチャン・ピロット

音楽:フィリップ・ブロー

レオニー:カレル・トレンブロイ

ギター弾きスティーヴ:ピエール=リュック・ブリラント

父親:リュック・ピカール

義父ポール:フランソワ・パピノー

レオニーの母親:マリー=フランス・マーコット

配給:ブロードメディア・スタジオ

宣伝:ポイント・セット

©CORPORATION ACPAV INC. 2018