「ブックスマート」って、なに?

配給元ロングライドのO女史が即答してくれた。

「本で得た知識は多いけれど、ちょっと世間知らずで、

頭はいいけど、頭でっかち」らしいです。

『グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち』のセリフが頭に浮かんだ。

マット・デイモンが、飲み屋で頭脳をひけらかすハーバード学生に一喝。

「お前の意見はすべて本の受け売りだ。お前みたいな奴は50年後に

やっと自分の正体を知る。自分は意見を持たないオウムだってことを」

分析と応用学に秀でた天才肌のデイモンは

やがて誰もが驚く進路を選択して映画は終わる。

それは正解だったのか、失敗だったのか。

名匠ガス・ヴァン・サントが監督した高尚な映画だった。

さて、

『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』はど〜だ。

これっぽっちも高尚ではない。

真逆。お下品なのだ。笑

一言でいうなら、「新説 アリとキリギリス」か。

一年中遊び呆(ほう)けたキリギリスも働きアリ同様、

快適な冬を過ごせましたとさ、なのだ。

おいおい、いつの間にキリギリスは冬の蓄えをしていたんだい。

そんなことど〜でもいいじゃん。

我慢なんかしないで思い切りハジけちゃおうぜ。

一見、『ブックスマート〜』はこんな映画だ。

年末恒例、オバマ前大統領の「お気に入り映画リスト2019」にも

『ブックスマート〜』がリストアップされて話題を呼んだ。

『パラサイト 半地下の家族』や『ストーリー・オブ・マイライフ 

わたしの若草物語』など、話題作映画と共に選出されている。

はは〜ん、ご自身の娘さんたちのご機嫌とりにリストアップしたのか?

いやいや、「自分が楽しんだくらい、みんなにも楽しんでもらえると嬉しい」と絶賛のコメントもあるから本心なのだ。

現代ティーンエージャーの夢ものがたり、

人種やジェンダーの視点からも溌剌と描き切った青春映画だからか。

うがった表現、シニカルな場面もある。

主人公の女子高生ふたりは日夜ガリガリのガリ勉を貫いて

全米屈指の名門大学に合格した。

喜び爆発、見下していたクラスメートたちに報告する。

しかし、

クラスメートたちはパーティー三昧だったにもかかわらず

ひとり残らず名門校や超一流企業に合格していた。

ショックで茫然自失となるふたり。

ふたりは我慢に我慢を重ねていたセックス、ドラッグ、ロックンロールを

卒業前に謳歌しようと、パーティー会場を目指しクルマを飛ばす。

よく見かける青春の馬鹿騒ぎシーンの連続だが、

ここにうがった、シニカルな場面がポツリポツリ点在するのだ。

白人の和に溶け込むアジアの男子学生がいる。

高級服に身を包んで闊歩する女子高生がいる。

テオと名乗るネイティブ・アメリカンふう学生がいる。

美意識が高く、女性のハートを持つ自信みなぎる黒人男子がいる。

そして、ジェンダーに悩む主人公がいる。

貧富、家庭環境が見えずとも、揃って一同に進路が輝いている出だしに

出鼻をくじかれ大笑いを誘うが、終映後にはあれこれ深読みも誘うのだ。

アメリカならでは、アメリカでしか描けない、青春群像劇にちがいない。

オバマさんが注目したのも、現トランプ主導の言動と政策、

それを取り巻くアメリカの現状が映画を通して透けて見えたと

言ったら大袈裟だろうか。

映画『ブックスマート〜』を製作総指揮したのは、

第45シーズンを迎える長寿コメディ番組「サタデー・ナイト・ライブ」出身のウィル・フェレルとアダム・マッケイ。

このふたりの上に騎乗するのは、

スタイル抜群、美人女優のオリヴィア・ワイルド。

出演ではない、これがオリヴィア念願の初監督作品だ。

製作スタッフも魅力あふれる風変わりな登場人物たちにも

見る側は驚きの連続だが、この映画にはもう1つの楽しみ方がある。

見終わった時のハシャギようで、まだ若い感性を持っているか

否かを判定できるバロメーター映画でもあるようだ。

ぜひ、お試しあれ。

(武茂孝志)

『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』

8⽉21⽇(⾦)より、ヒューマントラストシネマ有楽町、

新宿武蔵野館ほか、全国順次公開

2019 年/アメリカ/英語/102 分/スコープ/カラー/5.1ch/原題:BOOKSMART/⽇本語字幕:髙内朝⼦

配給:ロングライド

© 2019 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All Rights Reserved.

●スタッフ

監督

オリヴィア・ワイルド

(出演作「her/世界でひとつの彼女」、「リチャード・ジュエル」など)

脚本

エミリー・ハルパーン

サラ・ハスキンズ

スザンナ・フォーゲル

ケイティ・シルバーマン

製作

ミーガン・エリソン,p.g.a.

チェルシー・バーナード, p.g.a.

デヴィット・ディステンフェルド

ジェシカ・エルバウム, p.g.a.

ケイティー・シルバーマン

製作総指揮

ウィル・フェレル

アダム・マッケイ

ジリアン・ロングネッカー

スコット・ロバートソン

アレックス・G・スコット

撮影

ジェイソン・マコーミック

美術

ケイティ・バイロン

編集

ブレント・ホワイト, ACE

ジェイミー・グロス

⾐装デザイン

エイプリル・ネイピア

⾳楽

ダン・ジ・オートメイター

⾳楽監修

ブライアン・リング

キャスティング

アリソン・ジョーンズ, CSA

●キャスト

エイミー :ケイトリン・デヴァー(ショート・ターム)

モリー :ビーニー・フェルドスタイン(レディ・バード)

ファイン先⽣ :ジェシカ・ウィリアムズ(人生、サイコー!)

シャーメイン :リサ・クドロー(TV フレンズ)

ダグ :ウィル・フォーテ(ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅)

ブラウン校⻑: ジェイソン・サダイキス(モンスター上司)

ジジ :ビリー・ロード(スター・ウォーズ/フォースの覚醒)

ホープ :ダイアナ・シルヴァーズ(ミスター・ガラス)

ジェレッド :スカイラー・ギソンド(お!バカんす家族)

トリプル A :モリー・ゴードン(グッド・ボーイズ)

ジョージ :ノア・ガルヴィン(TV The Real O’Neals)

アラン :オースティン・クルート(TV オレンジ・イズ・ニュー・ブラック)

ライアン :ヴィクトリア・ルエスガ(本作デビュー)

テオ :エデュアルド・フランコ(アメリカを荒らす者たち)

タナー :ニコ・ヒラガ(スケート・キッチン)

ニック :メイソン・グッディング(クリスマスに降る雪は)