キャプテン・アメリカ ザ・ファーストアベンジャーの画像
(C) 2010 MVLFFLLC. TM & (C) 2010 Marvel Entertainment, LLC and its subsidiaries. All rights reserved.
キャプテン・アメリカが世界中でもヒットした理由は、主人公の稀に見る人間性と姿勢にあり。

星条旗のコスチュームをまとったスーパーヒーローには、どんなイメージがあるだろう?アメリカ万歳で排他的? 自信もあって正義感が強い、よくいそうなスーパーヒーロー?キャプテン・アメリカについていうと、イメージどおりにはいかない。むしろ真逆なキャラなのである。

スーパーヒーローの映画は今年もいくつも公開されてきたが、どのヒーローも個性が強い。アクション場面ばかりではなく、様々なキャラクターの面白さを味わうのが、アメコミ映画の正しい楽しみ方なのかもしれない。グリーン・ランタンは、お茶目で愛すべきキャラだし、マイティ・ソーは、俺様キャラ。友情と信念の間で悩むのは、X-MEN:ファースト・ジェネレーションの二人。

しかし誰にも増して興味深いキャラクターが、キャプテン・アメリカのスティーブ・ロジャースだ。素敵過ぎる。文句のつけようがない、まっすぐで爽やかな人格者なのだ。こんな好感度が高いキャラクターは、普通の映画では滅多にお目にかかれないだろう。見た後の気分の良さは格別。

キャプテン・アメリカ ザ・ファーストアベンジャーの画像
(C) 2010 MVLFFLLC. TM & (C) 2010 Marvel Entertainment, LLC and its subsidiaries. All rights reserved.
映画自体が、スティーブ・ロジャースのキャラクターによって成り立つ部分が大きい。改めてキャプテン・アメリカ/スティーブ・ロジャーズを演じるクリス・エヴァンズの力量の大きさを感じずにはいられない。

自分の個性を全て消去して、この人格者を鮮やかに爽やかに演じきったのだろうか? それとももともと偉大な部分を隠し持っていて、それを生かしたのだろうか? 

1942年、第二次世界大戦の時代が舞台だが、敵はヒトラーではなく、仮想歴史ストーリーになっている。時代描写は生き生きとして、あたかもその時代に生きているように感じさせる。それがラストに大きく響いてくる。

共演陣はアメコミ映画らしく豪華な面々が揃った。特にフィリップス大佐を演じているトミー・リー・ジョーンズは相変わらずの力技で映画に重厚さを与えているし、エイブラハム・アースキン博士を演じているスタンリー・トゥッチは、スティーブ・ロジャース応援団の第一人者。

悪役シュミットを演じるのは、ヒューゴ・ウィービング。主役のクリス・エヴァンズが、今まで見たこともない一世一代の名演技を見せるのに比べて、ヒューゴのほうはいつもどおり。存在感でも個性でもキャプテンに歯が立たなかった。相手が悪かったとしか言いようがない。

キャプテンが引っ張るストーリー、アクションは申し分ない。そして、彼の生きる姿勢の素晴らしさを見せ付けられたら、星条旗コスチュームであろうと、タイトルに一国の名前が入っていようと、世界の人も応援せずにいられないだろう。次にキャプテン・アメリカに会える『ザ・アベンジャーズ』が楽しみでたまらない。   

 (オライカート昌子

キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー
2011年 アメリカ映画/監督:ジョー・ジョンストン/出演:クリス・エヴァンス、トミー・リー・ジョーンズ、ヒューゴ・ウィーヴィング、ヘイリー・アトウェル、セバスチャン・スタン、ドミニク・クーパーほか

10月14日(金)丸の内ルーブル他全国拡大3Dロードショー!
公式サイト:http://www.captain-america.jp/
公式twitter:http://twitter.com/#!/mtca_jp
パラマウント ピクチャーズ ジャパン配給

【関連記事】
映画『キャプテン・アメリカ』イベントレポート
映画 マイティ・ソー レビュー(感想)

Similar Posts: