父親の死の知らせで、自然豊かな村にユ・へグク青年がやって来ます。何故か村長・村民は彼の出現に困惑を隠しません。

死因すらわからない父の死に疑問をもったヘグクはしばらく村に滞在し、父の周辺を探りはじめるのですが、村全体が秘密の闇に包みこまれているのです。

30年前、村にあるサムドク祈祷院にやってきたヘグクの父 ユ・モッキョンは、穏やかな人柄と深い訓話で信者たちの心を捉えていったのです。ジェラシーした院長は、モッキョンに献金着服の容疑をかぶせ刑務所へ送ります。

刑務所内でも執拗な暴行をうけるモッキョンですが、それでも音を上げず、次第に囚人や刑事までもが彼のカリスマ性に惹かれていくのです。
その偉大なる人柄が、その後の人生の「ダークサイド」の出発点だったとは?

身震いするような極限のミステリーである本作は、Web.連載されたコミックス(「苔」(原題))で、最終回までに3600万の閲覧数という空前の大ヒットを記録し、大韓国民漫画大賞優秀賞を受賞した国民的漫画で、惚れこんだカン・ウソク監督(『シルミド』など)が映画化。

これまでは骨太なアクションを得意としていた監督ですが、本作では殺人や暴力シーンを身体の動きや目付き・声のトーンなど間接的に描出した張り詰めたサスペンス・ミステリーとして作り上げました。

罪-救済、カリスマ=洗脳、相互監視÷服従、希望×絶望 など様々な数式のように紐解くドラマは、現在と30年前を行き来しながら、得体の知れない闇が底知れず広がっていくのです。戦慄!

■2010年韓国映画/161分/監督:カン・ウソク/出演:パク・ヘイル、チョン・ジョヨン、ユ・ジュンサン、ユ・ソン、ホ・ジュノ

■日本語オフィシャルサイトhttp://kurokunigorumura.com/

2010年11月20日 丸の内TOEI、シネマスクエアとうきゅう ほか全国ロードショー

Similar Posts: