(C)2014「白ゆき姫殺人事件」製作委員会(C)湊かなえ/集英社
(C)2014「白ゆき姫殺人事件」製作委員会(C)湊かなえ/集英社
 金棒引き(かなぼうびき)という言葉をご存じだろうか。金棒を持って夜警や警護をすること、する人の意味のほかに、噂をおおげさにふれ回る人という意味があり、いまはこの使いかたが主流だろう。この映画の冒頭から画面にちらばるインターネットのツイッターの文字は、まるで金棒引きの群れである。好奇心と悪意に満ちていて、他人の不幸をむさぼり食う。

 仕事そっちのけでツイッターにいそしむ映像ディレクターの赤星(綾野剛)に知り合いの里沙子(蓮佛美沙子)から殺人事件の情報がはいった。彼女の勤務先のパートナーで社内きっての美人(菜々緒)が刺殺され、焼かれたのだ。彼女の口からもれた同僚、城野美姫(井上真央)の名はまたたくまにネット上に広まり、金棒引きたちはよろこび勇んで美姫を殺人犯人とはやし立てる。

 原作を読んでいないわたしは犯人がわからないが、赤星の取材を受けた人々の証言から再現される映像はどうにも胡散臭く、真犯人はほかにいるに違いないと思わずにいられない。目立たない地味なOLを演じる井上真央がそのまま犯人だったら、おもしろくもおかしくもないではないか。それではいったい誰が……と頭をひねっても、次から次へと登場する証言者とその証言の“再現映像”に気を取られて、なかなか落ち着いて考えることができない。さまざまな情報と思い込みを観客の脳内にすべりこませる、それが中村義洋監督のテクニックであり、ワイドショーとネット社会への批評になっていることがわかるだけだ。

 実質主演の綾野剛は、世の中をわけ知り顔に眺めつつ、自分自身を全くつかんでいない、やや下劣だが憎めない男を好演する。気になる俳優だったが、正直、ここまで力をつけてきていたのかと感銘を受けた。彼を見張るかのように目を光らせる編集マン役の染谷将太の、山椒をピリリと効かせた演技もいい。

 さんざん気をもたせたあげく、ようやく逃走している美姫の現在が明らかにされる。彼女の書く手記とともに事件と人間関係が違う角度から照射され、唐突に真犯人の名が報道される。知ってみればあまりに古典的、常識的犯人像で拍子抜けする。冷静に想像力を働かせていればどこかで気づいたはずではないか、と自分のうかつさに悔しくなる。ほら、あの部屋のあのテーブルと椅子の不安定さに、なにか引っかかるものを感じていたではないか……。

 そう思いながら奇妙な感覚に襲われる。いまこうして悔しがっているわたしはなんだろう。作り話とはいえ女がひとり無残に殺されたというのに、わたしはすっかり犯人捜しゲームに熱中していた。ネット上の金棒引きたちとわたしの思考にいったいどれほどの違いがあるのだろう。居心地の悪い思いで画面を見れば、そこには従来のイメージどおりの魅惑的な井上真央の笑顔が映っている。それを祝福できることだけが、わたしの慰めである。       (内海陽子)

白ゆき姫殺人事件
2014年 日本映画/ミステリー/監督:中村義洋/出演(キャスト):井上真央、綾野剛、菜々緒、金子ノブアキ、小野恵令奈、谷村美月、染谷将太、蓮佛美沙子、貫地谷しほり、生瀬勝久 ほか/配給:松竹
2014年3月29日(土) 全国ロードショー
白ゆき姫殺人事件 公式サイト 
http://www.shirayuki-movie.jp/

Similar Posts:

    関連記事はありません