幸せのへのキセキ 映画情報・キャスト

幸せへのキセキの画像
(c)2011 Twentieth Century Fox
『ザ・エージェント』でアカデミー脚本賞ノミネート、『あの頃ペニー・レインと』でアカデミー脚本賞を受賞したキャメロン・クロウ監督が、英国人の人気コラムニストの実話を映画化したのが『幸せへのキセキ』だ。原題は『WE BOUGHT A ZOO』。妻の死から立ち直れないジャーナリストが、閉園した動物園に付属した邸宅に引越しをし、動物園の開園を目指す胸が熱くなる感動と奇跡のヒューマンドラマ。全米では7千5百万ドル超のヒット作で、映画評論家の評価も高い。

主演に『ボーン』シリーズや『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』などのハリウッドトップ俳優のマット・デイモン。『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』では自身もベン・アフレックと共同で執筆した脚本がアカデミー脚本賞を受賞、主演男優賞にもノミネート。

共演は『アベンジャーズ』のブラック・ウィドウでも注目が集まるスカーレット・ヨハンソン。彼女が演じるのは動物園の飼育係チーフ、ケリー。ベンジャミン・ミー(マット・デイモン)の兄役には『スパイダーマン3』、『サイドウェイ』のトーマス・ヘイデン・チャーチ。ベンジャミンの息子役には『PUSH 光と闇の能力者』のコリン・フォード。『SUPER 8/スーパーエイト』のエル・ファニングはケリーの従姉妹役で出演している。

幸せへのキセキ あらすじ

幸せへのキセキの画像
(c)2011 Twentieth Century Fox
ロサンゼルスの新聞社で突撃取材コラムを担当していたベンジャミン・ミーは、半年前に最愛の妻を亡くし、失意の中にいた。7歳の娘ロージーと14歳の息子ディランの世話もあり、ベンジャミンは仕事もやめてしまう。ディランは学校で次々と問題を起こし、遂に退学。娘も隣家の物音で寝付けない日々を送っていた。

ベンジャミンは心機一転引越しをすることに。一番気に入った物件には、なんと閉鎖中の動物園がついていた。ベンジャミンは購入を見送るつもりだったが、ロージーは大喜び。覚悟を決めて動物園付きの家を買うことにした。

周囲は大反対だったが、ベンジャミンは動物園の再オープンを目指すことに。動物園には200頭もの動物と、再オープンを信じるスタッフがいた。素人には動物園ビジネスは勤まらないと警告されるベンジャミン。次々と襲いかかる試練や資金難。ベンジャミンは動物園を最オープンし、再び家族の絆を取り戻せるのだろうか。

幸せへのキセキ
2011年 アメリカ映画/124分/監督:キャメロン・クロウ/出演:マット・デイモン、スカーレット・ヨハンソン、トーマス・ヘイデン・チャーチ、コリン・フォード、マギー・エリザベス・ジョーンズ、アンガス・マクファーデン、エル・ファニング、パトリック・フュジット、ジョン・マイケル・ヒギンズほか/配給:20世紀フォックス映画
2012年6月8日(金)TOHOシネマズ スカラ座他 全国ロードショー
オフィシャルサイト http://www.foxmovies.jp/sk/

Similar Posts:

    関連記事はありません