映画『裏切りのサーカス』の作品情報・解説・みどころ・キャスト(出演者)など

裏切りのサーカス 画像
Jack English (c) 2010 StudioCanal SA

裏切りのサーカス レビューを読む

映画『裏切りのサーカス』に主演したことでゲイリー・オールドマンは、初めてアカデミー主演男優賞ノミネート。原作はジョン・ル・カレの傑作スパイ小説『ティンカー・テイラー・ソルジャー・スパイ』。

ティンカー(金物屋)・テイラー(洋服屋)・ソルジャー(戦士)・スパイというのは、映画の中ではスパイのコードネームで使われている。元々は英国の童謡マザーグースの中の数え歌。本来はソルジャーの後にくる言葉はスパイではなくセイラー。

監督はスウェーデン出身のトーマス・アレフレッドソン。前作の『ぼくのエリ 200歳の少女』が各方面で高く評価された。今作は初めての英語の映画となる。『裏切りのサーカス』英国アカデミー賞を初め評価も高い。

主演のジョージ・スマイリー役にゲイリー・オールドマン、英国諜報部(サーカス)のトップ、コントロールにジョン・ハート、幹部の5人にはトビー・ジョーンズ、ロイ・ブランド、トビー・エスタヘイス、『英国王のスピーチ』出アカデミー主演男優賞を受賞したコリン・ファース。実働部隊の3人に、『ジョン・カーター』のマーク・ストロング、『Black & White/ブラック & ホワイト』のトム・ハーディ、『戦火の馬』のベネディクト・カンバーバッチ。

裏切りのサーカス あらすじ

1970年代前半は米ソの対立が激化する冷戦時代でもあり、英国諜報部(MI6)とソ連国家保安委員会(KGB)の諜報戦も頂点を迎えていた。英国諜報部(サーカス)のトップ、コントロールはMI6内に二重スパイがいるという情報を掴み、その正体を探るべく、工作員ジム・ブリトー(マーク・ストロング)を独断でブタペストに派遣。

しかし作戦は失敗。責任をとってコントロールは右腕のスマイリー(ゲーリー・オールドマン)と共にサーカスを去る。コントロールは失意の内に死去。ある日、引退生活を送るスマイリーのもとに、レイコン次官が訪れ、長年に渡り組織の幹部に潜り込んでいるソ連の二重スパイ<もぐら>を捜し出す司令を下した。

標的は組織幹部の4人。スマイリーは、過去の記録を調べ、、証言を集め、容疑者を洗いあげていく。やがてソ連の深部情報ソース<ウィッチクラフト>が浮かび上がった。さらにかつての宿敵、ソ連のスパイ<カーラ>。そして彼が探しだした意外な裏切者の正体とは―。

裏切りのサーカス
2011年 イギリス/フランス/ドイツ映画/128分/監督:トーマス・アルフレッドソン/出演:ゲイリー・オールドマン、コリン・ファース、トム・ハーディ、トビー・ジョーンズ、マーク・ストロング、ベネディクト・カンバーバッチ、キアラン・ハインズ、キャシー・バーク、ジョン・ハートほか/配給:ギャガ株式会社
4月21日(土) TOHOシネマズシャンテ、新宿武蔵野館ほか全国順次公開
オフィシャルサイト http://uragiri.gaga.ne.jp/

Similar Posts:

    関連記事はありません