メン・イン・ブラック3 作品情報・キャスト

メン・イン・ブラック3のポスター画像
Photo by WILSON WEBB -(C)2011 Columbia Pictures Industries, Inc. All rights reserved.
『メン・イン・ブラック3』のレビューを読む

『メン・イン・ブラック3』は、傑作SFアクション・コメディシリーズ『メン・イン・ブラック』(1997)、『メン・イン・ブラック2』(2002)に続く第三弾。主演のウィル・スミス、トミー・リー・ジョーンズのエージェントJ、エージェントKの二人の関係を軸に、今回は地球を救うために1969年にタイムトラベルするのが最大のみどころだ。

練り上げられたセリフとストーリー、二人の掛け合いの面白さとアクションなど他の見どころも多い。監督は前二作と同じ『アダムズ・ファミリー』シリーズのバリー・ソネンフェルド。原作は、ローウェル・J・カニンガムのコミック『Men in Black』。

ウィル・スミスは08年の『7つの贈り物』以来の映画出演となる。トミー・リー・ジョーンズは11年の『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』以来の出演作。新キャストとして参加するのは、『ノーカントリー』で再ブレイク、『ミルク』でアカデミ助演男優賞ノミネートのジョシュ・ブローリンが。

エマ・トンプソンがZの後を引き継いだ、エージェントOを演じる。『奇人たちの晩餐会 USA』のジェマイン・クレメントがボリス・ザ・アニマルを熱演。グリフィンを演じるのは、『ヒューゴの不思議な発明』のマイケル・スタールバーグ。若き日のエージェントOを演じるのは、『ある日モテ期がやってきた』のアリス・イブ。今回もスティーブン・スピルバーグが製作として参加。音楽はダニー・エルフマン。

メン・イン・ブラック3 あらすじ

重犯罪エイリアンを収監するルナマックス銀河系刑務所にケーキを持った美女が現れる。彼女はボリス・アニマルに会いに来たのだ。ボリスは彼女の助けを得て脱獄し、ある計画を持って、地球へ向かう。

そのころMIBの敏腕エージェント、KとJは、違法な地球外の材料を使っていると通報のあった中華料理店へ。そこで見つけた宇宙エビを見て、Kは宇宙エビが大好物のボリスを思い出す。そして二人はボリスと遭遇し、取り逃がしてしまう。

その後Kは家にいるときに時空の裂け目のようなものに飲み込まれてしまう。Jも何故かチョコレートミルクが飲みたくなるという異変を感じる。そして本部へ行くと、Kの姿が見当たらないのだ。しかも上司のOによると、Kは40年前に殉職しているとのこと。何者かに歴史が書き換えられてしまったのだ。しかも本当は絶滅させられた好戦的な種族ボグダイド星人が攻めて来ていた。地球の危機を救うため、Jは過去へと向かう。

メン・イン・ブラック3
2012年 アメリカ映画/108分/監督:バリー・ソネンフェルド/出演:ウィル・スミス、トミー・リー・ジョーンズ、ジョシュ・ブローリン、エマ・トンプソン、ジェマイン・クレメント、マイケル・スタールバーグ、アリス・イブほか/配給:東宝東和
2012年5月25日(金)よりTOHOシネマズ 日劇ほか日米同時公開
オフィシャルサイト http://mib-3.com/
 

Similar Posts:

    関連記事はありません