オープニング、青空に直線を標す飛行機雲を、屋根の上で凝視する健二を、長回しのキャメラは揺らぐことなく見つめる。どこまでも広がる天空の果てしない飛翔は、行き場を見失ったまま我が家という檻に閉じこもる健二の、秘かなる旅立ちの […]