解説 『ゴーン・ベイビー・ゴーン』で監督進出し、今や俳優としてより、監督として評価されているのではないかと思わ・・・