ヒットメーカー三谷幸喜が17年ぶりに書き下ろした史実に基づいた小説を全く別のアプローチで自らの脚本で映画化した・・・