ときどき小説家のプロフィールに建築学を学んだという記述を見る。建築学を学ぶどころか、数学の成績もおぼつかなかったわたしは、劣等感に囚われつつそういう作家の思考を想像する。群像劇『桐島、部活やめるってよ』は原作を再構築し […]