母の二度の慟哭が、いつまでも私の耳に響いて離れない。 最初のそれは、ガンドに強姦されそうになって懸命に身を床にのた打ち回らせながらの絶叫であり、二度目は工場跡の闇に横たわらせた冷蔵庫の扉を開け、その中に縋りつくように号泣 […]