入り口は小さく見えても奥行きと広がりのある映画を、元来好む。『舟を編む』はその代表格で、辞書編纂という一見地味な仕事が精神のダイナミズムへと繋がる過程が圧倒的だ。『エンド・オブ・ウォッチ』は、一見チンピラと見まがう警官 […]