若いころ、わたしは映画仲間に「あんたはジジイ好きね」と言われていた。『ダンディー少佐』(1964)のリチャード・ハリスや『砂漠の流れ者』(1970)のジェイソン・ロバーズにうっとりしていたころの話だ。もう十分に年を取っ […]