毎日は、ただ通り過ぎていく。一切のものを記憶の中に閉じこめながら。その事実は一見残酷にも感じられるけれど、「過ぎゆくもの」には、はかないものだけが持つ美しさも含まれている。 いとしきエブリディは、『ウェルカム・トゥ・サラ […]