キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー ポスター画像
(C) 2010 MVLFFLLC. TM & (C) 2010 Marvel Entertainment, LLC and its subsidiaries. All rights reserved.
『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』が、10月14日(金)から公開になります。公開を記念して、和製キャプテン・アメリカ誕生/宿命のライバル登場イベントが行われました。その模様をレポートします。

『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』とは

キャプテン・アメリカは、『スパイダーマン』、『アイアンマン』など様々なヒーローを生み出したマーベル・コミックスの初代ヒーロー、いわばヒーローの原点とも言える存在。2012年に公開されるヒーローチーム映画『アベンジャーズ』に登場するヒーローの映画(『アイアンマン』、『マイティ・ソー』、『ハルク』)の中では、満を持して一番最後の公開とになった。公開されるや否や、世界中で大ヒット。

あらすじ
勇気と正義感を人一倍持ちながら、身体が貧弱なため軍の入隊試験に落ち続けたスティーブ・ロジャース。その心根に感銘を受けたアースキン教授によって、軍の極秘プロジェクトの被験者に選ばれる。プロジェクトは成功し、スティーブは強靭な肉体と運動能力を手に入れた。

しかしナチスから生まれたヒドラ党暗殺者の攻撃により、プロジェクトは存続不可能となる。スティーブは、前線で戦う意思を強く持っていたにもかかわらず、軍のPRキャラクター、キャプテン・アメリカとして慰問部隊の一員になることに。そのころ、ヨーロッパでは戦線は拡大しつつあり、ヒドラ党も暗躍していた。

和製キャプテン・アメリカに選ばれたのはアノ人

和製キャプテン・アメリカ誕生イベント画像和製キャプテン・アメリカ誕生イベントでは、映画『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』の中で行われた軍の機密プロジェクト“スーパーソルジャー計画”が、完全再現されました。映画の中では、スティーブ・ロジャースが被験者になりましたが、果たして日本で被験者に選ばれるのは誰なのでしょうか。

そこに登場したのが、芸能界一のリアクション芸人上島竜兵さん。自ら志願し、固い決意で実験に望むことに。でも痛いかもしれないということで怖気づき、最後は白衣の研究員に羽交い絞めされながら、装置の中に入りました。

轟音と光に照らされ、カプセル装置が開かれると、そこには和製キャプテン・アメリカの姿が。コスチュームを着こなし、現れたのはユージさん。和製キャプテンとしての最初の一言は、「ものすごい正義感に溢れ、力もついて、なんでも立ち向かえそうです!少しでも困っている人がいたら力になって日本を救いたいです!何かあれば是非、お声がけ下さい」と決めポーズしながら、決意を語ってくれました。

そこで納得できない表情の上島竜兵さんが再び登場。「ちょっと待てよ。誰だよ。俺はそこでずっと待ってたんだよ!お前が和製キャプテン・アメリカなら俺はキャプテンくるりんぱっだよ!」

乱闘が起きそうでしたが、すんでのところで”キス”で仲直り。誕生イベントの最後には和製キャプテン、ユージさんが、「ヒーローの条件とは、正義感が大きい人だと思います。偽善者だとか色々と言う人もいると思いますが、そこで負けない人だと思います。

自分の信じたことをやり通して、人を助ける事だとか。そして、キャプテン・アメリカは、限りなく現実に近い存在で子供達に対しても夢と勇気を与えてくれると思います。限りなく等身大に近いことがとても魅力です!」と締めくくりました。

宿命のライバル登場!レッド・スカルの正体はアノ人

和製キャプテン・アメリカとして忙しい日々を送るユージさんが、再びイベントに登場しました。一緒にキャプテン・アメリカをPRするための仲間がやってくるとの知らせがあったから。ところが、壇上に登場したのはキャプテン・アメリカのライバルでもある、最大の敵レッド・スカル。マスクをかぶった姿にユージさんも動揺し、空気は一気に緊迫しました。

ところが、ユージさんが動揺したのは、知らされていなかったレッド・スカルの正体をすぐに見破ったから。「マスクをしててもあの独特の声と骨格と動きですぐにJOYだって解りました」とのこと。そんなにすぐに見破られると思わなかったレッド・スカルことJOYさんは、なんで動揺しているんだろうと思ったそうです。

キャラが被っているようにも見えるユージさんとJOYさんのお二人ですが、性格は正反対で、よき戦友と言い合っていました。JOYさんが入院したとき、「最初は嬉しかったけど、1週間くらいすると戦う相手がいないので自分を見失いそうになってました(笑)」と語っていました。

「キャプテン・アメリカ」宿命のライバルの画像キャプテン・アメリカについて、ユージさんは「特殊能力もないし、生身の身体だけで戦う。そしてただ攻めるのではなく守る戦いをする。このみんなの為に何かができる、みんなを守れるのがやっぱり真のキャプテンですよね」と語っていました。

映画のみどころについて、ユージさんは、「愛情をたくさん感じさせてくれるヒーローです。誰と観ても楽しい映画ですので是非劇場でご鑑賞下さい」。JOYさんは、「現代のヒーローのルーツがこの映画には詰まっています。映像も迫力あります。(ユージへ)一緒に映画館へ行こう。」と語っていました。

キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー
2011年 アメリカ映画/監督:ジョー・ジョンストン/出演:クリス・エヴァンス、トミー・リー・ジョーンズ、ヒューゴ・ウィーヴィング、ヘイリー・アトウェル、セバスチャン・スタン、ドミニク・クーパーほか

10月14日(金)丸の内ルーブル他全国拡大3Dロードショー!
公式サイト:http://www.captain-america.jp/
公式twitter:http://twitter.com/#!/mtca_jp
パラマウント ピクチャーズ ジャパン配給

【関連記事】
キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー レビュー
ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2 試写会イベント
映画『赤ずきん』スペシャルイベントに潜入!

Similar Posts: