アイアンマン3がいよいよ公開となります。アイアンマン3を10倍楽しむために知っておきたいチェックポイントを解説。

ネタバレなしのアイアンマン3のレビューはこちら

チェック1 アイアンマンとアイアンマン2をおさらいしておこう

(c)2013 MVLFFLLC. TM & c 2013 Marvel. All Rights Reserved.
(c)2013 MVLFFLLC. TM & c 2013 Marvel. All Rights Reserved.

アイアンマン(2008)のあらすじ 巨大軍事企業スターク・インダストリーズのCEOかつ発明家のつトニー・スターク。彼は、自社新型兵器のデモンストレーションを行うため、アフガニスタンへ。実験は成功したものの、テロリスト(テン・リングス)の襲撃に遭い、胸を負傷し、さらに拉致されてしまう。そこで、テン・リングスのために最強兵器の開発を強制される。

目を盗んで飛行可能なパワードスーツを開発、それを身につけ、スタークは脱出に成功。だがこの一件で、自社兵器がテロ組織に利用されているのを知り、会社として武器製造を中止する。さらにパワードスーツを改良し、攻防力と飛行性能を兼ね備えたスーツ、アイアンマンを完成させる。

一方、テンリングスと結託していたスターク・インダストリーの副社長オバティア(ジェフ・ブリッジス)は、パワードスーツの進化版、アイアンモンガーに乗り込み、トニーと秘書のペッパー・ボッツを襲撃。トニーは、親友の陸軍中佐ローディの協力を受け、撃退する。

アイアンマン2(2010)のあらすじ
前作で自分がアイアンマンだと公表したトニーは、日夜悪人を撃退する日々を送っていたが、政府から個人がパワードスーツのような強力な武器を所有していることをよく思わず、アーマーを引き渡すように圧力をかけてくる。

トニーは、心臓をサポートしているリアクターが、彼の身体を蝕んでいることを知り、スタークインダストリーのCEOをボッツに譲ることにし、破滅的な生活を送っていた。そんな姿を見たローディは、政府にアーマーを渡してしまう。

そのころ、スタークに恨みを持つロシアのイワン・ヴァンコ(ミッキー・ローク)と、スタークインダストリーをライバル視する、ハマー・インダストリーのジャスティン・ハマー(サム・ロックウェル)が手を組み、トニーが開催する<スターク・エキスポ>に襲撃を仕掛ける。

チェック2 マーク47とは?

マークは、アーマー(スーツ)の種類。
マーク1。マーク1は最初のアイアンマンで登場した。テロリストのアジトで急ごしらえで作られたため動きは重い。黒一色。
マーク2 銀色AIジャーヴィスとリンクしている。登場はアイアンマンとアイアンマン2
マーク3 登場はアイアンマン2。アイアンマンの基本カラーの金と赤の色をしている。
マーク4 アイアンマン2で登場。ヘルメットを外して行動できる。
マーク5 アイアンマン2で登場。
マーク6 アイアンマン2,アベンジャーズに登場。胸部の形は、逆三角形。歩行しながら着脱することができる。
マーク7 アベンジャーズに登場。戦闘に特化している。胸部は丸型。 
マーク47 アイアンマン3に登場。つまり、アベンジャーズからアイアンマン3の間のほぼ1年間で、トニー・スタークは、30体以上のアーマーを作り上げたことになる。その理由は、アイアンマン3の中で明らかにされる?

チェック3 アイアンマン4、アイアンマン5も作られる?

アイアンマンシリーズの主演俳優、ロバート・ダウニー・Jrは、続編については明らかにしていないが、アイアンマン3の監督、シェーン・ブラックは、アイアンマン4は作られるし、もちろん、主演はロバート・ダウニー・Jrだと断言している。

その前に、今後のアベンジャーズシリーズの公開スケジュールをみてみよう。

2014年正月『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』マイティ・ソーシリーズ第二弾。
2014年ゴールデンウィーク 『キャプテン・アメリカ/ウィンターソルジャー(原題)』キャプテン・アメリカシリーズ第二弾。
2014年9月 『ガーディガン・オブ・ギャラクシー(原題)』ゾーイ・サルダナ主演のマーベル・コミック原作シリーズ
2015年ゴールデンウィーク 『アベンジャーズ2』

チェック3 アイアンマン3もエンドロールの後の最後にシーンがある?

このマアベンジャーズシリーズは、『アイアンマン』、『キャプテン・アメリカ』、『マイティ・ソー』のどれでもエンドロールの最後にシーンがるのがみどころ。

それを知らずに、音楽が始まってすぐ席を立つもったいない人が、『アベンジャーズ』で続出したとか、しないとか。

もちろん、アイアンマン3も、エンドロールの最後にシーンがあります。アベンジャーズメンバーが出るかも?

Similar Posts:

    関連記事はありません