ブルックリンの画像
(C)2015 Century Fox. All Rights Reserved.
2009年に発表された同名の小説の映画化です。小説が評判になって、イギリスの権威ある書籍賞ブッカー・プライズの候補にもなったほどの作品です。

かねてから期待が高く、映画化された本作はサンダンス映画祭で話題になり、続いてアカデミー賞® 作品・脚色・主演女優賞にノミネートされました。主演のシアーシャ・ローナンは13歳時『つぐない』で、既にオスカー ノミネート(助演女優賞)された成長株だったわけです。

本作は、家族のいるアイルランドを離れ、ニューヨークのブルックリンで暮らしはじめたエイリシュが、今までとは違う文化や生活に戸惑いながらも、垢抜けて変化していく様を描いたヒューマンラブストーリーです。

エイリッシュが新天地ブルックリンで働き口を見つけ、誰も頼る人のいない日常の中、姉からの手紙を支えに、徐々に都会の生活に馴染んでいく様子と、運命の出会いが描かれます。が、そんな時 家族の訃報が届くのです。帰郷した彼女を待ち受けていたのは、姉や親しい友人、そしてある人物との運命的な再会でした。本作の舞台は1950年代のアイルランドとブルックリン。インターネットはもちろんなく、電話もままならない時代で、エイリシュは家族と手紙でやり取りをし、それを支えに、気丈に貪欲にさまざまなことを吸収していきます。そんな中で直面する、自分はどこで何をし、誰と生きていくのかという現実。エイリシュがまっすぐな眼差しで今を見つめ、本当に大切なものを選ぼうと苦悩し、決断する姿は、時代を超えて、現代を生きる私たちに向けた人生賛歌になっています。

(中野 豊)

7月1日(金)TOHOシネマズ シャンテ他全国ロードショー
公式サイト:http://www.foxmovies-jp.com/brooklyn-movie/