フレンチor和食? あの物語を料理して、この映画を食べなさい(笑)。

【オリジナル版・フランス映画】

驚くのはルイ・マルがまだ25歳。ホンの少し映画に携わった後に、自分で資金調達をしてのデビュー作。

本作の成功が「ヌーヴェルバーグ」世代を呼び込んだきっかけになった一作と言ってもいいでしょう。

大手企業に所属している青年医師は、社長夫人と密通しています。愛する気持ちが強すぎ……。
ついには社長の殺害を計画する奥方。青年医師は完全密室殺人(自殺にみせかける)を実行。しかし、犯行直後に乗ったエレベーターが停止してしまいます。

マイルス・デイビスの即興ジャスに浮遊した、フィルム・ノワールの歴史的秀作です。

■1957年フランス映画/92分/監督:ルイ・マル/出演:モーリス・ロネ、ジャンヌ・モロー、ジョルジュ・プージュリイ、リノ・ヴァンチュラ

■日本語オフィシャルサイトhttp://www.zaziefilms.com/shikeidai/

2010年10月9日から、シアターイメージフォーラム 他順次全国公開

【リメイク版・日本映画】

ここまでトレースしてしまうのか?という程そのまま。この手法はガス・ヴァン・サントのリメイク版で大ブーイングをうけた『サイコ』(オリジナル=ヒッチコック監督)に詳しい。
本作は、サスペンスの傑作であるフランス版のストーリーを踏襲しているので、コピー商品であっても見応えは充分です。何の小細工もしない作り手の根性に拍手をおくりたい。

ケータイ電話の普及やテクノロジーの格段と進化している世界観をバックボーンとして考えるなら、エレベーターに閉じ込められた男が外部と連絡を取れないはずはないと思うことでしょう。

そこは、強引に理屈をつくりあげておりますが、突っ込みを入れる楽しさもあります。ところで、エレベーターの保守管理はどうなっているのでしょうね?(←法的な縛りを知りません)

見所は、主演のお2人でしょう。タレント好感度男子No.1の阿部寛が殺人犯を演じ、良い人風美女の吉瀬美智子をファム・ファール役にあてたこと。

オリジナルの「ムード力」には及びませんでしたが、「あの人を殺して、私を奪いなさい」 のキャッチコピーに疼きました(笑)。
映画ファンなら見逃すことはできません。
中野豊

■2010年日本映画/111分/監督:緒方明/出演:吉瀬美智子、阿部寛、玉山鉄二、北川景子、平泉成、りょう

■オフィシャルサイトhttp://www.shikeidai.jp/index.html

2010年10月9日から、角川シネマ新宿、渋谷HUMAXシネマ 他全国公開

Similar Posts:

    関連記事はありません