英雄の証明の画像
(C) Coriolanus Films Limited 2010
シェイクスピアが執筆した最後の悲劇と言われる「コリオレイナス」を映画化。『ハリー・ポッター』の怪演が記憶に新しい俳優レイフ・ファインズが初めて監督デビューを飾り、自ら主演をこなした。ローマの独裁者と小国のリーダーをめぐる運命と二人の戦いをアクション満載で描くサスペンスで、共演はジェラルド・バトラー。

シェイクスピアものが大好きなので個人的には楽しめた。時代設定を現代に置き換えているだけに、前半は結構リアル。独裁者コリオレイナスを追い払う国民の姿と、その様子を映し出すテレビは今まさに世界中で勃発している風景。故郷のために戦い続けてきたコリオレイナスは、故郷を追われて全てを失い、小国のリーダーにして自分のライバルでもあるオーフィディアスのもとへ行き、ローマを狙う彼に加担することで自らの復讐を遂げたいと申し出る。2人の約束は成立するが、コリオレイナスを訪ねた母と妻が涙の懇願をしたことで事態は大きく変わってしまう。

英雄の証明の画像
(C) Coriolanus Films Limited 2010
果たして、コリオレイナスは善人なのか悪人なのか?その立ち位置は曖昧である。性格も一見したところ狡猾だ。権力者というものは、国のために血を流しても野心を持つと人々から嫌われる。そして、国民の前では単なる下僕にしか過ぎないのだ。レイフは、翻弄される権力者の不幸を熱演。しかし、ヴァネッサ・レッドグレイヴが演じる母親が一番怖いかもしれない。

ところで、この作品はシェイクスピアの戯曲の中では決して人気があるとは言えず、上演回数も少ない。お得意の”復讐モノ”であり、中盤までは盛り上がるものの、母と妻の懇願場面を機に物語は失速してしまう。コリオイナスと妻の関係もほとんど描かれていないなど、原作に幾つか欠点があるとも言える。本作のタイトルは原題のままの方がよかったと思う。
(池辺 麻子)

英雄の証明
2011年 イギリス映画/123分/監督:レイフ・ファインズ/出演:レイフ・ファインズ、ジェラルド・バトラー、ヴァネッサ・レッドグレーヴ、ブライアン・コックス、ジェシカ・チャステイン、ジェームズ・ネスビット、ジョン・カニ、ポール・ジェッソンほか/配給:プレシディオ
2012年2月25日(土)、丸の内ルーブルほか全国ロードショー
公式サイト http://gacchi.jp/movies/eiyu-shoumei/

Similar Posts:

    関連記事はありません