Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのちの画像
© 2010 NEUE ROAD MOVIES GMBH, EUROWIDE FILM PRODUCTION
2009年に惜しまれながら世を去った世界的舞踊家であり振付師のピナ・バウシュと、彼女が率いたヴッパタール舞踊団に迫る3Dドキュメンタリー。監督は『ベルリン・天使の詩』のヴィム・ヴェンダース。

個人的な話だが、ピナの舞台を初めて観たのは今から20年ほど前。それまでのダンスの概念を覆す斬新な演出に驚いたが、当時の日本では今ほどピナが注目されているとは言えなかった。時代が彼女に追いついたのか、様々なメディアの普及によるものなのか、この10年ほどでピナの注目度は高まり、活動の場も広がっていった。アルモドバルなどの映画にも出演したが、本作は彼女が手がけた舞台での代表作『春の祭典』『カフェ・ミュラー』『コンタクトホーフ』『フルムーン』に焦点を絞っている。

いわゆるダンスシューズではなく、ハイヒールを履いて踊る女性ダンサーたち。ネクタイにスーツ姿の男性ダンサーたち。土や水など自然のモチーフをリアルに用い、敢えて足の動きが取られやすい環境の中で踊る。衣装は水を含んで重くなる。それでも、ダンサーたちは一心不乱に踊り続ける。

カメラは、ステージだけでなく川や高原、交差点など様々な屋外で踊るダンサーたちの姿も捉える。ピナの振り付ける踊りは一見前衛的ではあるが、誰もが持っている精神世界を表している。ときにはしつこいほど繰り返される焦燥感、もどかしさ。思い通りにならずにもがく人間たちは芸術の中では滑稽にさえ見えるが、それは私たちそのものの姿に他ならないのだ。

ピナのダンスと3Dの相性が良く、すぐ傍で舞台を観ているかのように錯覚する。この映画を観ればピナに会えるのだと思うと、生前の彼女の姿をカメラに収めてくれたヴェンダースに感謝したい。(池辺 麻子)

Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち
ドイツ、フランス、イギリス映画/104分/監督/脚本:ヴィム・ヴェンダース/出演:ピナ・バウシュ/ヴッパタール舞踊団のダンサーたち/ギャガ配給
2012年2月25日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿バルト9他全国順次3D公開
公式サイト  http://pina.gaga.ne.jp

Similar Posts:

    関連記事はありません