鍵泥棒のメソッドの画像
C)2012「鍵泥棒のメソッド」製作委員会
 いい映画を見終えると心が高揚してさまざまな感情が渦巻く。喜ぶ、怒る、泣く、笑う、人生を噛みしめる。『鍵泥棒のメソッド』も心を高揚させるさまざまな要素を持っているが、上機嫌になれるという点で本年度一番の作品だと断言したい。そのポイントは作り手が観客をもてなそうと心をくだいているところにある。内田けんじ監督が念頭に置く観客とは自分自身だそうで、これぞ彼の自信の表れだ。自分自身ほど厳しい観客はいないのだから。

 冷酷にターゲットを仕留めた殺し屋・コンドウ(香川照之)は銭湯で転倒、居合わせた貧乏な役者・桜井(堺雅人)は、彼が落とした鍵を自分の鍵とすり替え、彼になりすます。相手もいないのに職場で結婚宣言した雑誌編集長・水嶋(広末涼子)は、病院を出たコンドウと知り合い、彼に興味を持つ。さて、これからどういう物語が展開されるかは見てのお楽しみ……と言って終えてしまいたいほど、ほんとうはなるべく情報を入れずに見ていただきたい。

 コンドウが記憶を喪失したと知り、桜井はコンドウの車と部屋と大金を拝借。自分が桜井だと信じるしかないコンドウは、生来の律義な性格ゆえ、事態を前向きにとらえ、それが水嶋との縁を深める。彼女が結婚相手に求めるものは「健康で努力家」であること。現在のコンドウの態度と行動は彼女の理想にぴったりなのだ。似合わないシャツとサイズの合わないジーパンを着用して、水嶋とのデートに向かうコンドウの様子は心底おかしくて愛らしい。

鍵泥棒のメソッドの画像
C)2012「鍵泥棒のメソッド」製作委員会
 この映画のなによりの美点は、3人の主演俳優(と助演陣)がきちんと生かされていることだ。名優として知られる香川照之と堺雅人はむろんのこと、驚くべきは広末涼子のすばらしさ。従来の“女優・広末涼子”のイメージがきれいにぬぐわれ、今まで見たこともない女優がそこにいる。その女優がちゃんと水嶋という女になっている。これぞ演出の力というものである。

「健康で努力家」と並ぶもう一つのキーワードは「胸がキューン」。ありきたりな二つのキーワードを輝かせ、観客を存分にもてなし、これほど心地よい着地点はあるまいと思わせるところにふんわり降ろしてくれる。内田けんじ監督は、映画ファンの感動のつぼを押さえた達人というべきだ。いますぐもう一度見たい=登場人物に会いたい!と思わせる2012年随一の快作である。
                             (内海陽子)

『鍵泥棒のメソッド』
9月 シネクイント他全国ロードショー
出演:堺雅人、香川照之、広末涼子、荒川良々、森口瑶子
監督・脚本:内田けんじ
エグゼクティブ・プロデューサー:藤本款、和田倉和利 プロデューサー:深瀬和美、赤城聡、大西洋志 
キャスティング・ディレクター:杉野剛 音楽:田中ユウスケ(Q;indivi) 撮影:佐光朗 照明:加瀬弘行 
録音:藤本賢一 美術:金勝浩一 編集:普嶋信一 助監督:村上秀晃 製作担当:星野友紀
オリジナル・サウンドトラック:EMIミュージック・ジャパン 製作プロダクション:シネバザール 
製作:「鍵泥棒のメソッド」製作委員会(クロックワークス/テレビ朝日/朝日放送/電通/パルコ
/メディアファクトリー /Yahoo! JAPAN/シネバザール/キングレコード/メ~テレ/北海道テレビ  
2012年/日本/アメリカンビスタ/ドルビーSRD/128分
(C)2012『鍵泥棒のメソッド』製作委員会

Similar Posts:

    関連記事はありません