(C)2011 Twentieth Century Fox
国をヴァンパイアの魔の手から救うリンカーンが頼もしい。ダイナミックな3Dアクションが満載。

エイブラハム・リンカーンは、ヴァンパイアハンターだった。そんな大胆で新奇な設定の歴史アクション映画が『リンカーン 秘密の書』だ。昼は大統領、夜はハンターというキャッチコピーも気が利いている。日本だったら”宇宙の土方歳三”的なものか。

原作を書いたのは、セス・グレアム=スミス。本作の脚本も手がけている。全米でベストセラーになった『高慢と偏見とゾンビ』の作者でもある。

『高慢と偏見とゾンビ』は、ジェーン・オースティンの原作『高慢と偏見』を、80%は、そのままの文章で使いながら、残りの20%は、ゾンビとの戦いにしてしまったマッシュアップ小説だ。いけ好かない原作の登場人物は、全てゾンビになってしまうなど、原作ファンも内心大喜びのサービス精神も徹底している。

リンカーン 秘密の書の画像
(C)2011 Twentieth Century Fox
リンカーン 秘密の書の原作本『ヴァンパイアハンター・リンカーン』も、それは同じ。エイブラハム・リンカーンの実際の日記を使い、ほぼ正確に彼の人生をなぞっている。ヴァンパイア・ハンターのフィクションパート(虚)と伝記部分(実)の組み合わせ方が上手く、奴隷解放宣言を行った理由などにも、それなりの説得力があったりする。

映画は原作の設定をうまく入れ替えながら、1時間45分にまとめている。ティムール・ベクマンベトフ監督は、『ウォンテッド』でも見せてくれた列車アクションまで盛り込み、モダンでスタイリッシュなアクションムービーとして仕上げた。

リンカーンは、斧を振り回してヴァンパイアを退治する。ダイナミックに優雅に。その姿は頼もしく、彼のことをそれほど知らなかったとしても(わたしのように)一気に興味を惹かれてしまうだろう。リンカーンの人物像は元々アメリカ初のスーパーヒーローと言われるぐらい、とても魅力的なのだ。

リンカーン秘密の書の画像
(C)2011 Twentieth Century Fox
エイブラハム・リンカーンを演じるのは新進俳優のベンジャミン・ウォーカー。若き日のリンカーンの姿は、リーアム・ニーソンの若い版に見えなくもない。それはともかく、背が大きいので見栄えがするし、カリスマ性もある。

謎の男、ヘンリー・スタージェスを演じるのは、イギリス出身の若き実力派、ドミニク・クーパーだ。艶のある佇まいで映画に華やかさをもたらしている。リンカーンの妻、メアリー・トッドを演じるメアリー・エリザベス・ウィンステッドよりも遥かに色っぽいのはなぜなのだろうか?

映画は、鮮やか、かつ意味ありげな終わり方をする。もしかしたら? と、あらぬことを想像する観客もいるかもしれない。そういう観客がいたら(わたしも含めて)その通りなのだと言っておこう。サービス精神が旺盛な、セス・グレアム=スミスが、ファンは喜び、世間は怒る、そういう結末にしないわけがないではないか。(オライカート昌子)
                         
リンカーン/秘密の書
2012年11月1日(木) 公開劇場:TOHOシネマズ 日劇他 全国ロードショー
オフィシャルサイト http://www.foxmovies.jp/lincoln3D/

こちらもおすすめ映画

『推理作家ポー 最後の5日間』時代がほぼ同じ。リンカーンとポーは誕生日が二ヶ月違いの同時代人。『ヴァンパイアハンター・リンカーン』にはポーも出てくるし、レイノルズの謎も解かれている。
『デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-』レビュー
『デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-』レビュー その2 ドミニク・クーパーがサダム・フセインの息子ウダイとその影武者を一人二役で熱演している。

・ヴァンパイアハンター・リンカーン

・高慢と偏見とゾンビ