ピッチ・パーフェクトとは

© 2017 UNIVERSAL STUDIOS
1作目のピッチ・パーフェクトは、低予算ながら、全米で口コミに火がつき、ロングランを記録。日本では第二作目の劇場公開にあわせて全米公開から3年後に短期ロードショーとなった。それまでは、DVD化もされず、幻の作品だった。

2作目の『ピッチ・パーフェクト2』は2015年に公開。出演もしているエリザベス・バンクスが監督をつとめ、1億八千万ドルをの興行収入をあげた。ちなみに2015年全米年間興行収入の12位。

第三作目の『ピッチ・パーフェクト ラストステージ』は2017年のクリスマスシーズンに公開、一億ドル突破の大成功を収めた。

アカペラとは、
楽器を使わずコーラスのみで迫力のあるサウンドを作る。さらにダンスをも合わせることで超絶パフォーマンスを見ることができる。映画内では、たびたび、テーマに合わせて即興でアカペラ対抗を行う場面があって、みどころのひとつ。

ピッチ・パーフェクト1,2あらすじ

Quantrell D.Colbert/© Universal Pictures
前年のコンテストで大失敗をしてしまったベラーズ大学の女性アカペラクラブ、”バーデン・ベラーズ”は、再起をめざして大学の新入生をリクルート。新たなチームをスタートさせることに。新入生のベッカ(アナ・ケンドリック)は、音楽プロデューサーを目指していたが、アカペラチームに誘われる。彼女の加入で、ベラーズは大きな変身を遂げる。

ピッチ・パーフェクト2 あらすじ

3年連続全米を制覇し、向かうところ敵なし状態の”バーデン・ベラーズ”だったが、テレビ放映された大統領誕生日イベントで、ファット・エイミー(レベル・ウィルソン)大失態を演じ、活動休止の危機に直面。名誉を回復するために、世界アカペラ選手権で優勝することを目標に、大特訓することに。アメリカチームが今まで、世界で優勝したことはなく、世界の壁は厚かった。果たして”バーデン・ベラーズ”は、名誉を取り戻すことは出来るのか。

ピッチ・パーフェクト ラストステージ 映画レビュー

Quantrell D.Colbert/© Universal Pictures
青春がどんなに輝いていても、いつかは学校を卒業し、大人として生きていかなくてはならない。お祭り騒ぎ的映画『ピッチ・パーフェクト』(2012)、『ピッチ・パーフェクト2』(2015)でやりたいことをやり尽くし、目指すものを全て手に入れた女性大学アカペラサークル“バーデン・ベラーズ”のメンバーたちもそれは同じ。彼女たちは、ラストステージをどんな風に、どんな思いで迎えるのか。

人気を博した映画でも、第三弾となると同じ形式では飽きられる。それを考慮したのか、『ピッチ・パーフェクト ラストステージ』では、今までのコンテスト形式のステージものという枠を食み出して、過ぎ行く青春の寂しさと、永遠の友情をメインにスパイ映画さながらのアクション要素を付け加えているのが目新しい。

世界アカペラ選手権で優勝した後、“バーデン・ベラーズ”のメンバーは、それぞれの道を歩んでいた。ベッカは念願の音楽プロデュース業界に進出。だが、担当ミュージシャンは二流。ちょっとしたトラブルで辞表を叩きつけてしまう。そんなある日、メンバーに招待状が届き、「みんなに会える、また歌える」と喜んだのもつかの間、歌える舞台は用意されていなかった。

がっかりするメンバーに、オーブリー(アンナ・キャンプ)が、大物軍人の父のコネを利用し、USO(米軍慰問団)の海外ツアーに参加することを提案。ツアー中に有名ミュージシャンのDJキャレドに選ばれれば、彼の前座としてパフォーマンスもできる。みんなで歌えるラストチャンスと飛びつくが、その裏では彼女たちに危険をもたらす陰謀も忍び寄っていた。

『ピッチ・パーフェクト ラストステージ』はお下劣ギャグや恋愛要素は少なく、女性アカペラ版007的な描写が目を引く。だがそれもメインテーマである熱い友情を引き立てるための成分だ。

学生時代のサークル仲間との友情は、永遠に続いて欲しい。みんなでひとつのものを(ピッチパーフェクトの場合はアカペラ)、力を合わせて努力して作り上げていく過程で育まれた友情だ。でも現実は、みんながそれぞれの道を歩いていく。その様子は、卒業式の時の嬉しさと栄光そして別れを思い起こさせる。

友情描写のみならず、コメディと歌とステージという華麗な要素もたっぷり。こんな映画は二度とないだろう。見てない人は、三作品揃えて見て欲しい。楽しい気分になるのは請け合いだ。

(オライカート昌子)

ピッチ・パーフェクト ラストステージ 作品情報

© 2017 UNIVERSAL STUDIOS
Quantrell D.Colbert/© Universal Pictures
全国公開中!
監督:トリッシュ・シー『ステップ・アップ5:アルティメット』 
脚本:ケイ・キャノン『ピッチ・パーフェクト』『ピッチ・パーフェクト2』、マイク・ホワイト
キャスト:アナ・ケンドリック『イントゥ・ザ・ウッズ』、
レベル・ウィルソン『ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密』、
ヘイリー・スタインフェルド『スウィート17モンスター』、
ジョン・リスゴー、
エリザベス・バンクス『ピッチ・パーフェクト2(監督&出演)』他  
原題:Pitch Perfect3/2017年/アメリカ/93分/ビスタ/ドルビーデジタル  
配給:パルコ/シンカ ユニバーサル映画 © 2017 UNIVERSAL STUDIOS
サウンドトラック:ユニバーサルミュージック
公式サイト: pitchperfect-last.jp