デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-の画像
(C)Filmfinance VI 2011-All Rights Reserved
かつてのイラク大統領、サダム・フセインの息子ウダイの影武者を強いられたラティフ・ヤヒアの手記を映画化した衝撃の実話。監督は『007/ダイ・アナザー・デイ』のリー・タマホリ。『マンマ・ミーア!』で注目されたドミニク・クーパーがウダイとラティフの二役に扮し、その怪演ぶりが絶賛されている。顔が似ているというだけで人生を奪われた平凡な男の数奇な運命を描く。

期待通り、面白い。とにかく、ドミニク・クーパーの演技が圧巻。二役なので当然顔は全く同じ。その上、影武者になってからは余計に瓜二つになるので見分けがつきにくいかと思いきや、真逆の性格を持つ二人だけに、むしろ違いがハッキリ分かるのだ。どちらかがスクリーンに登場すると、それがウダイかラティフなのかピンと来るので、演じ分けがスゴイとしか言いようがない。目つきは勿論のこと、声のトーンから佇まいまで変えているのだ。

デビルズ・ダブルの画像
(C)Filmfinance VI 2011-All Rights Reserved
ウダイは完全な狂人で、父親でもある世紀の悪人・サダムにまで「生まれたときに殺しておくべきだった」と言われてしまう。暴虐の限りを尽くしたサダムでさえ、ここでは分別のある父親なのだ。影武者にならなければ家族を殺すと脅されたラティフは選択の余地がなく、彼の異常ぶりを目の前で見せ付けられる毎日を送る。本命の女がいながら道行く女子高生や結婚式の最中の花嫁を拉致、その目的はいずれも欲望を満たすためだけ。パーティーに明け暮れ、気に入らなければ時も場所も相手も選ばず、殺しまくる。何が起きても金で解決、人間の血など通っていない、獣そのものの姿がそこにある。

ウダイの政治的な立ち位置などは描かれおらず、ひたすらキャラクター描写に徹している。恐怖と暴力に支配された彼の側近たちの行動にも注目したい。ラストでわかる彼らの隠された本心は、ウダイの孤独を浮き彫りにする。父親にさえ見離された彼も、ラティフとは違う意味で哀れだ。最後まで自己を失わなかった主人公に驚嘆。原作を是非読んでみたい。 (池辺 麻子)

デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-
2011年 ベルギー映画/109分/監督:リー・タマホリ/出演:ドミニク・クーパー(ウダイ・フセイン/ラティフ・ヤヒア)、リュディヴィーヌ・サニエ(サラブ)ほか/ギャガ配給
2012年1月13日(金) TOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国ロードショー
公式サイト  http://devilsdouble.gaga.ne.jp/

【関連記事】
デビルズ・ダブル ある影武者の物語 レビュー その2(オライカート 昌子)

Similar Posts:

    関連記事はありません