(C)2012, Irresistible Delta Limited, Edko Films Limited, Sil-Metropole Organisation Limited. All Rights Reserved
(C)2012, Irresistible Delta Limited, Edko Films Limited, Sil-Metropole Organisation Limited. All Rights Reserved
『コールド・ウォー 香港警察 二つの正義』は、香港アカデミー賞9部門を制覇。『インファナル・アフェア』以来の傑作だと称されているそうだ。どれほどすばらしい作品なのだろう、と期待しつつ見たが、予想を越える作品だった。香港映画が生み出す次元が違う新しさを感じさせる作品なのだ。

香港最大の繁華街、旺角が爆破され、その直後、警察車が乗っていた5人の警官ごと行方がわからなくなる。行方不明の警察官の中にはリー副長官の息子が含まれていた。犯人は内部情報を知っているらしい。警察内部の危機感も高まっていく。

誰が指揮を執るのかも焦点となる。長官が海外出張中だったため、正反対のタイプのリー副長官とラウ副長官の主導権争いが勃発する。熱い男とクールな男、感情をほとばしらせる男と、無表情な男の対比が鮮やかだ。

熱い男リー長官を演じるのは、貫禄と老練さを身につけたレオン・カーフィ。腹の底を見せないラオ副長官を演じるのは、かつての香港四天王の一人、アーロン・クォック。

(C)2012, Irresistible Delta Limited, Edko Films Limited, Sil-Metropole Organisation Limited. All Rights Reserved
(C)2012, Irresistible Delta Limited, Edko Films Limited, Sil-Metropole Organisation Limited. All Rights Reserved
表面的に見えているものと、隠れているものは同じではない。それもこの映画のテーマのひとつのようだ。冷たく見える男の心の内は本当のところはどうなのか。熱い男の本心の裏側には何があるのか。

犯罪の背景も重層的。ラスト近くでは山場の連続になる。事件の解決直後に訪れるのが本当のクライマックスであり、みどころはその後も続く。

人間ドラマとアクションシーンの組み合わせや、融合具合も魅力的だ。危機に直面した人間がどう動くのか、どのように決断していくのかを硬派なタッチで描いていく。

保安局局長の役でアンデイ・ラウも顔を見せるが、香港の警察組織や行政機関に詳しくない私には、その関係性が少しわかりづらかった。汚職捜査機関というのも登場するのだが、警察とは別の捜査機関らしい。

新時代の香港映画の一味違う風格を感じさせる作品であるのは確実。仕事をしていく厳しさをこれでもかと見せつけるところが、いかにも男の世界なのだ。(オライカート昌子)

コールド・ウォー 香港警察 二つの正義
2012年 香港映画/サスペンス・アクション/102分/原題:寒戦 COLD WAR/監督:リョン・ロクマン、サニー・ルク/出演・キャスト:アーロン・クォック(ショーン・ラウ)、レオン・カーフェイ(M・B・リー)、チャーリー・ヤン(フェリックス・リョン)、エデイ・ホン(ジョー・リー)、アーリフ・リー(ビリー・チョン)、アンディ・ラウ(フィリップ・ロク)ほか/配給:ツイン
2013年10月26日(土)シネマート新宿ほか、全国順次公開
『コールド・ウォー 香港警察 二つの正義』公式サイト http://coldwar-movie.com/

Similar Posts:

    関連記事はありません