©2012 SOLE PRODUCTIONS, LLC AND HEDGE FUND FILM PARTNERS, LLC ALL RIGHTS RESERVED
©2012 SOLE PRODUCTIONS, LLC AND HEDGE FUND FILM PARTNERS, LLC ALL RIGHTS RESERVED
似たタイトルの映画『エンド・オブ・ホワイトハウス』が公開されている。いささか紛らわしいので一言説明させていただこう。『エンド・オブ・ホワイトハウス』は、ホワイトハウスを襲撃したテロリスト相手に、大統領の元シークレット・サービスの男が孤軍奮闘する痛快な“ダイハード”系アクションだ。いっぽう、この『エンド・オブ・ウォッチ』は、LAの最危険地帯を担当する制服警官コンビが主人公の、痛快かつ悲痛なポリス・ストーリーである。

 かねてから、その出演作品選びに信頼を寄せているジェイク・ギレンホールが主演と知っていい予感がしたが、それは大当たりで、本年度外国映画のトップクラスにはいると個人的に確信する。アクション満載、ユーモアたっぷり、切れ味鋭く、コンビの行動はチャーミングなことこの上なし。久方ぶりの“バディムービー”の傑作と言い切ってもおおげさではないだろう。

 テイラー(ジェイク・ギレンホール)とサヴァラ(マイケル・ペーニャ)はLAのサウス・セントラル、ニュートン地区をパトカーで巡る日々。犯罪多発地域であり、命がいくつあっても足りないような状況下で、二人は明るく俊敏に事態に対処する。行き過ぎた振る舞いと誤解されかねない銃撃に及んでも、パトカー内のダッシュカムが経緯をきちんと記録する。消防車が到着する前に火災現場を発見、子供たちを救出する英雄的行為も見せる。署内ではやんちゃなコンビとしていたずらに精出し、上司に「小学生じゃないぞ!」と一喝される。巡査仲間の小さな衝突が随所にはさまれ、その人間臭さが心地よい。

 ところが二人の優れた捜査能力はついにメキシコの麻薬カルテルの怒りを買い、幹部から二人を抹殺せよという命令がサウス・セントラルのヒスパニック系ギャングに下された。罠に落ち、すさまじい銃撃にさらされる二人。テイラーとサヴァラが互いを思いやり、なんとか窮地を脱しようとする姿は、まさに真に迫り、演じるギレンホールとペーニャのすばらしい呼吸に感嘆する。むろん凡庸なハッピーエンドが待つはずもなく、重く辛い衝撃が残る。

しかし、この映画はエンディングにきわめて陽気な映像を流す。パトカー内の「襲撃された当日の映像」で、二人はバカを言い合い楽しげに笑う。車内のダッシュカムも一緒に笑っているようだ。純真な魂に笑いかけられたようで、腹の底になんともいえない勇気が湧いてくる。        (内海陽子)

エンド・オブ・ウォッチ
8月17日(土)、丸の内TOEIほか全国公開
配給:プレシディオ
公式サイト www.eow-movie.jp

Similar Posts:

    関連記事はありません